早めに脳梗塞を治療しよう|最新医療で早い回復

2人の医者

予防と検査をチェック

看護師

脳梗塞は予防したり、早期発見することが大切です。また、生活習慣病の予防が脳梗塞の予防になります。もし、一時的なしびれなどの症状がみられる場合、すぐに検査を受けるべきです。脳梗塞の検査には血液検査、CT検査、MRI検査などがあります。

More Detail

病気の特徴を説明します

困る男性

脳梗塞の治療は輸液が第一選択であり、血の塊を溶かす薬などを使用して行われます。手術による治療もあり、脳血管バイパス術などが主流となっています。そもそも脳梗塞には三種類あり、ラクナ梗塞は脳の細い血管が詰まり、心源性塞栓症は心臓でできた血の塊が脳で詰まり、アテローム血栓性脳梗塞は血管に老廃物の塊ができて血管が狭まる疾患とそれぞれ詳細は異なります。

More Detail

種類や原因

病院

脳の血管が詰まる脳梗塞は、動脈硬化や高血圧などから起こります。脳梗塞の種類は、日本人に多いラクナ梗塞、太い血管が詰まるアテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症があります。MRIという磁気や電磁波を使ったシステムで梗塞を検査し、血栓を溶かす薬などで対応します。麻痺がある場合は、リハビリを受けて治します。

More Detail

早急な対応が望まれる

医者

血栓を溶かす薬

脳梗塞は血栓が脳の動脈に詰まってしまうことで起こってきてしまいますので、治療に当たっては早急にこの血栓を血管の中から取り除いてしまわなければなりません。発症から3時間以内に薬を投与すれば、この血栓を溶かしてしまう薬も開発されています。ですが今の医療技術では脳梗塞ですぐ倒れても、その診断にいろいろ検査を行って診断が確定するまでに一時間近くかかってしまいます。ですから脳が原因で倒れてしまった時には、早急に専門医がいる病院へ運ぶことが、大変に重要なことになってきます。日ごろから脳梗塞になるかもということを想定して、専門医がいる病院などを調査しておくことも大切です。早い診断の確定と治療が予後がよくなるか悪くなるかの境目になってきます。

直接血栓を取り除く

血栓を溶かす薬ができてきたことから、治療もずいぶん簡単になってきましたがこれはあくまで早期に脳梗塞で倒れたことを発見して、専門医に運び込んだときに限定されます。倒れてから時間がたっていたのでは、血栓を溶かしてしまう薬も効果がありません。後は倒れた人の力に任せるしかないのが現状です。ですが最近は時間がたっていても、足の付け根からファイバーを差し込んで、脳内に詰まっている血栓を、直接取り除こうとする治療方法が行われています。一部の医師の間で行われている治療方法ですが、薬の投与では時間の制限がありましたが直接血管内から取り除くことで薬の投与の時間制限より、その倍時間がたっていても治療が可能になってきています。